未生・ミセン

昨年から気になっていた、韓国で社会現象になった話題沸騰の韓国ドラマ【ミセン】をTUTAYAさんでまずは2巻借りてきました! 主人公は社会経験ゼロ、何にも知らず、出来ず、コネで大手総合商社に就職し困難にぶつかるけれども、幼い時からしていた囲碁で培った記憶力・集中力・全ての状況を基盤として見ることができる策略家としての才能が社会で役に立てられるというストーリー。

ドラマの中で趙治勲先生の「たかが囲碁・されど囲碁」という言葉が出てくるし、お師匠さんの教えに共感できるし、サラリーマンの現実を描きサラリーマンの教科書と言われたこのドラマが楽しみの一つとなるニャ~。このドラマから囲碁に興味がわいて習う人たちが増えることを願うニャ~。