眼形

二けた級の子ども達の碁を見ていて感じること。

その①眼形がよくわかっていない。

その②石音につられてその部分だけに集中しすぎる。

その③すぐに石を持つ。石を持ちながら考える。

他に石をただつなげて並べて五目並べ・10目並べのようにしている強者もいるニャ~。(~_~;)


①の眼形が碁を始めていくのに一番難しいのかもしれない。。。。地を数える一目と一眼は異なるのだけど、ごっちゃになってしまうのか?もしれない。一つの石を囲んで取り上げる方法が場所に応じて3パタンあるのでこの3パタンの形をイメージできるとわかりやすくて石が死ななくなりますよ~。

一つの石を四手で囲んで取る・三手で囲んで取る(辺)・二手で囲んで取る(端)→3パタン

一番良い方法は・やさしい詰碁の問題をたくさん解くこと!