囲碁もなか


開けると碁石みたい。黒はあんこ・白はしろあん。どちらも、こしあんで甘くてやさしいお味となってます。

この、もなかは「囲碁のまち・ひらつか」で売っています。昭和初期の著名な囲碁棋士・木谷實九段が平塚に囲碁道場(木谷道場)を構えて多くの棋士(50人以上)を育成し、囲碁界に大きな足跡を残しました。

その木谷實九段を記念して1996年から木谷門下中心とした棋士たちによって毎年平塚市駅前商店街で行われるイベントがあります。今年も10月11日に囲碁愛好家と110名のプロ棋士が対局する1000面打ち大会が行われました!以前のブログにも書いたことがありますが、プロ棋士が一度に数名と対局する多面打ちですね。毎年10月に行われていますので一度おでかけしてみてはいかがでしょう。プロ棋士たちがこんなに集まるイベントはめずらしいんんですよ~。囲碁も打てるし・囲碁講座もあるし・プロ棋士のオーラも感じられて(それだけで棋力が上がると某棋士が話してました・・・)良いことづくめです~。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

こちらは、吉祥寺子ども囲碁教室のブログです。「奥の手ブログにゃん」です。

吉祥寺子ども囲碁教室のホームページはこちらから↓

http://kkidsgoschool.jimdo.com/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●